地層

演奏会のたびに、自分のだらしなさを思い知らされます。演奏会のあとに、楽譜を整理しないから。黒ファイルの中の楽譜が、溜まりに溜まっているから。 以前は、なんとなく、スケッチブックに楽譜を貼るようにしていました。それはそれで、後から見返すと楽し…

ひとりごと

・昨日の朝食にて。 トーストを焼くと、そのうち冷めてしまうけれど、カリッとするのは消えないんですね。冷めたトーストに、可逆と不可逆の両方を見た気がしました。 考えすぎですかね。死期が近いんでしょうか。 ・水風呂に入ってきました。けっこう好きで…

ひとりごと

・C棟期間があってよかった、と心から思いました。ほんとうに意義深い練習の時間でした。C棟期間、おつかれさまでした。 ・そういえば、カルディのコーヒーポイント、100ポイント貯まったので、サービス券もらえました。すごくないですか。 夏ということで、…

連続と不連続、もしくは離散の狭間で

「音楽とは、連続的なものであるか、離散的なものであるか」という問いをめぐる考えの、私にとってのきっかけは、あるとき、ある人(言うならば、音楽というものについて権威を持っている人、教授のような)に、「音楽は(唯一の)離散的な芸術である」と言われ…

緊急のひとりごと(は?)

・緊急のひとりごと かなり音合わせもして、譜読みも進んできたんだが、別の新しい領域?に足を踏み入れてしまい、そいつがとてつもなく広大である、少なくともそう見える、というのが今です。今の合奏の状況というところでもあり、僕の今の譜読みの状況でも…

曲紹介:時に道は美し

例えば美術館で、もう少しこの絵を眺めていたい、と思うとき。例えば友人との集まりで、まだ遊んでいたい、もう少し話していたい、と思うとき。そんな瞬間が、みなさんにもきっとあることでしょう。確かに楽しいその瞬間から立ち去らなければならない状況と…

ひとりごと/近況

・暑くなってきました。一応まだ4月ですが、汗をたくさんかく身としては、本当に憂鬱な時期が始まったなという気持ちです。 ・スヌーピーのLINEスタンプには、「申し訳なさ」を示すものがないですね。たまたまでしょうか。 ・たくさんの1年生が入ってくれま…

ひとりごと

3つ。 ・昨日、11時頃、夏の匂いがしました、春のそれではなくて。なんででしょうね&同じように感じた方いますか。 ・最近、ある種の不安感に襲われることが多いです。「ある種の」というのは、例えば海で泳いでいて、あまりに海岸から離れてしまったとき、…

吹奏楽のための第一組曲を「読む」

結局更新できませんでした。備忘録的なもの。分割してないのでめっちゃ長いけど。 まず一つ訂正しておかないことがあって、それは、「2度」の音程について間違ったことを書いていたんですね。配布したものの中の、「減2度」は「短2度」、「完全2度」は「長2…

駒場祭を前にして

アカウント名を変えて久しいですね。虚無おじさんです。寒かったですね。いよいよ、明日から駒場祭です。 駒祭に向けては、各所で相当前から準備がなされてきたと思いますが、僕がみなさんと直接関わるのは演奏なので、その意味では8月末に始動したというこ…

ブラアカに対する姿勢について、思ったこと

このサークルに対してどのような姿勢を取ればよいか、というのは、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。僕もよくこの問題(?)に悩まされるのですが、コンクールの奏者アンケートに目を通したことをきっかけとして、考えをまとめるべきだな、と思い…

コンクール前夜の徒然

久しぶりに更新します(というか存在忘れてました)。 久々に開いた割にはアクセスが伸びているようで、どうやら「マードック 解説」「マードックからの最後の手紙 解説」とかでGoogle/Yahoo!で検索して、そこからアクセスという人が多いようです。(上記ワード…

明日は五月祭ゲネ

さて、今日の練習はあまり音程とか合ってなくて、いい合奏とはいえなかったかなーと思います(いきなりアレな話ですが)。でも、まあしょうがないかな。毎回最高の合奏になったら本当にいいと思うけど、実際モチベーションを保つというのはとっても難しいです…

今日思ったこと

今日はまた久しぶりにいいなーと思える演奏だったように思います。 というか、最近はなんだかなーという感じの演奏で、フラストレーションがたまっていたというか、そういう感じでした。合奏中にいろいろ言いましたが、原因はバンドだけではなく、自分にもあ…

最近のこと

全然書いてなかったので、最近あったことについて書こうと思います。 主に合宿です。 行く前は、こんなに収穫が得られると思ってなかったというか...正直秋合宿のイメージが強すぎて。秋合宿ってほんとに何しに行ったんだ感がありました。それは、自分の体…

「説明的」という言葉が、最近の自分の中のキーワードの一つになっているかもしれない

最近は(特に年が明けてから)、余暇もできたので、いろいろな演奏会に行ったりなんだりで芸術に触れる機会が増え、とても充実しています。もちろん、音楽、特に吹奏楽やクラシックの演奏会に行くことも多いですが、美術館に行ったり映画を観たり、というのも…

明日は訪問ゲネ

最近は訪問の練習ばかりになっています。訪問は、ポップス曲メインで曲数は多いので、練習の組み方が難しい……とか言いつつもうゲネになってしまいました。 訪問は、乗るって人も少なくて、合奏どんな感じになるんだろうって思ってました。有り体に言えば、全…

マードックについて(完結編)

いよいよクライマックスです。 ・O 昨日も書いてしまいましたが、ここからは天国のマードックを描いていく場面だと思います。このOはその始まり。天国へと昇っていくマードックと、彼を暖かく迎え入れる神様(or天使たち?)を描いている場面です。 樽屋氏は、…

マードックについて(続々編)

まず、昨日の分の補足を。 Piu MossoのShips Bellについてですが、氷山発見後見張り員が鐘を鳴らした、という記録があります。ので、やはり昨日の解釈で妥当かなーと(それだけです)。 正直なところ、ここからの荒れる場面は物凄く好きというわけではないの…

マードックについて(続編)

まず、昨日書いたところなのですが、自分の中で異説が出ているので、それについてまず書いておこうと思います。 Aのところ、自分は映画から着想を得て、過去へ向かう場面と書いたのですが、冒頭、Aで使われている旋律は、後になってそのまま登場します(具体…

マードックについて

新歓メインとしてマードックをやるわけですが、この曲はかなり標題音楽性が強いと思っています。といきなり書いても、標題音楽とは何ぞやとお思いになる方もいらっしゃるかと思いますので、先にその説明を。 標題音楽というのは、簡単に言うと、何かしらの…

所信表明(副指揮)

副指揮です。同期には他に学生指揮経験者もいる中で指揮をさせていただくのは、指揮どころか音楽の経験にも乏しい私にとってプレッシャーが大きいですが、なんとかお役に立てればと思います。よろしくお願いします。 所信表明と申しましても、上に書いたこ…