読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駒場祭を前にして

 アカウント名を変えて久しいですね。虚無おじさんです。寒かったですね。いよいよ、明日から駒場祭です。

 

 

 駒祭に向けては、各所で相当前から準備がなされてきたと思いますが、僕がみなさんと直接関わるのは演奏なので、その意味では8月末に始動したということになるでしょうか。それから約3ヶ月弱、僕が一番力を入れたのは、サウンドの改善です。

 

 

 

 1年生が加わった状態で自分が曲を振り始めた夏休み明けの時期は、正直サウンドとしては新歓演奏会を上回ることはないな、と思っていました、失礼な話ですが(新歓の頃はとてもいいサウンドだったと思いますが、3年生に頼っていたのですね)。それくらい悲観すべき状況でした。

 

 

 チューニングにしても、これは僕が引退するまでの向こう1年半で合うことはないかもしれない、くらいに思っていましたが、演リーを中心にパートチューニングをしてくれたり、もちろん個人でもよくチューニングしてくれたり、ということもあって、かなり改善されてきています。あまり気づいていない人もいるかもしれませんが、上手くなってるんです、ほんとうに。

 

 

 そして、その土台の上で、最近は、(実感している人もいると思いますが、)新歓の頃とはまた違った方向のサウンドが見えてきています、奏者が違うので当然のことなのですが。そして、これはこれで、なかなかいい方向に進んでいっているという実感もあります。最近の音、ほんとうにいいと思います。

 

 

 

 そうしてつくられた音が、演奏会で日の目を見る、それが僕はとても楽しみです。音だけではなくて、というのは駒祭の宣伝文でよく見かける文句ですが、これもほんとうにそうです。すてきな装飾、センスあるデザインのビラや立て看板、映画祭といえばこれでしょう、という譜面紙、演奏会を形作るピースの1つ1つが、とても大切に感じられます(いとおしい、と書いたら少し気持ちわるいかなと思い自重)。

 

 

 

 後悔のないように、というと後ろ向きな感じがしますが、いい演奏会にするために、まだできることはあります(まずは体調管理から…!)。明後日の今ごろは2次会突入しちゃってるんですね、もうブラアカ映画祭!終わってるんですね。そこまでアクセル踏みっぱなしです。

 

 

 

 明日、明後日、楽しみましょう。いい演奏会にしましょう。