ひとりごと

 3つ。

 

 

 

・昨日、11時頃、夏の匂いがしました、春のそれではなくて。なんででしょうね&同じように感じた方いますか。

 

 

 

・最近、ある種の不安感に襲われることが多いです。「ある種の」というのは、例えば海で泳いでいて、あまりに海岸から離れてしまったとき、戻れるかどうかわからないという不安感、またはプールで、「顔を水に10秒間つけなさい」と言われたときの、できるかどうかわからないという不安感、または長距離走のとき、みんなに遅れずに、この長い距離を完走できるだろうかという不安感、そういうものです。何かしら、身体的な感覚に結びつくような、何らかの理由で「しなければならない」というようなものに対する、原初的とまでは言えないでしょうが、割に自分が幼い頃、小学生以前の体験を強烈に想起する、というようなもののようです。スコアを読んでいるときに感じる不安感のことです。毎日、スコアを開くときに感じる動悸は、どうやらカフェインの摂りすぎのせいばかりではないようです。

 

 

 

・全く反対のことのようですが、同時に、非常に大きな希望のようなものを感じます。とてもいい曲だと思います、こういう言い方が陳腐に思えるくらいです。僕は音感がないので、スコアだけでは音が分かりません。みなさんと譜読みしたときの音を頼りに、楽譜上の音符を音にして頭に描きます。他の曲だと、僕自身がこうしたいこう持っていきたいこう設計したいというのが思い浮かぶのですが、今はただ、楽譜上にある音(音符)に圧倒されて、自分の思考が塞がれている、そのくらいだというのが正直なところです。次の合奏が楽しみです。