地層

 演奏会のたびに、自分のだらしなさを思い知らされます。演奏会のあとに、楽譜を整理しないから。黒ファイルの中の楽譜が、溜まりに溜まっているから。

 

 

 以前は、なんとなく、スケッチブックに楽譜を貼るようにしていました。それはそれで、後から見返すと楽しいんです、アルバムみたいで。

 

 

 ブラアカでは、楽譜は黒ファイルに入れるということで統一されているので、ブラアカで使った楽譜は、僕のずぼらさも手伝って、すべてその黒ファイルの中に入っています。

 

 

 今年の駒祭でも、今までの楽譜が積み重なったそのファイルを使います。そして、今までと同じように、適当なページに、1曲目から順番に入れていきます。

 

 

 新しい楽譜を古い楽譜の上に入れる、上書きする、新しい層を積み重ねる、古い記憶を覆い隠す。

 

 

 地面に新しい土が降り積もり、地層をつくる。そうして積み重なった地層は、そのまま演奏会の記憶となる。

 

 

 

 

 今回の楽譜を入れていると、今年の新歓と五月祭で演奏した、アルメニアンの楽譜がありました。バスはしんどかったなあ。けど、五月祭では、安田講堂によく響いた、って打ち上げで言い合ったのを憶えている。

 

 

 2年前のコンクールの楽譜。1年の頃は、周りのことが見えず、あまりに身勝手に振る舞っていたから、とても反省している。

 

 

 今年の訪問演奏会の楽譜。某1年生と2人だけで頑張った。1年生は、はやりのダンスとかもやってたっけ。いや、彼らはもう2年生なんだった……

 

 

 

 

 そうした、さまざまな思いが去来する中で、自然とたどり着くのは、もうすぐそばまでやってきた、ブラアカでの3年間の終わり。

 

 

 楽譜の地層は、楽しい記憶も苦い記憶も、ひとしく教えてくれる。けれど、その地層が顧みられることさえもなくなるときが、もうすぐやってくる。演奏会を運営するのだって、もうすっかり2年生がやってくれている。頼もしいから、今回は助言すらほぼする必要もなかった。ここにいられる時間も、残り少なくなってしまったんですね。

 

 

 きっといいステージになると思います。そして、いつかファイルを開いたときには、”Shall We Brass?”という名の地層に、きらきらした宝石のような思い出をたくさん見るのだろう、と思います。